ここから本文です

鶴保沖縄担当相「早く片付けてほしい」 不作為の違法確認訴訟

琉球新報 9月16日(金)12時30分配信

 【東京】鶴保庸介沖縄担当相は16日の閣議後会見で、翁長雄志知事による名護市辺野古の埋め立て承認取り消しを巡り、同日午後に高裁判決が言い渡される不作為の違法確認訴訟について「早く片付けてほしい」などと述べた。その上で、解決に向けては国と県との話し合いが必要だとの考えを示した。
 鶴保氏は国と県が裁判で争うことについて「喜ばしい事態だとは思わない」などと指摘。「納得する100点満点の答えが出ないにしても、それぞれが譲歩し、それぞれが納得する形でこの問題について決着を付けていくことが道筋だ」と述べ、話し合いによって解決していくべきだとの考えを強調した。

 北部3村にまたがる「やんばる国立公園」が指定されたことを受け、世界遺産登録に向けて基地問題が影響するのではないかとの質問に対し「まったく影響がないとは思えない。基地と国立公園が隣接しているので、これをまったく度外視して、考えるわけにはいかないという意識は個人的には持っている」などと述べた。
【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:9月17日(土)9時45分

琉球新報