ここから本文です

「拡張少女系トライナリー」主演の“現役JC”新人声優にプロデューサー太鼓判

映画.com 9/16(金) 23:20配信

 [映画.com ニュース] 東映アニメーションとコーエーテクモゲームスのガストブランドが初めてタッグを組んだプロジェクト「拡張少女系トライナリー」の試写イベントが9月16日、東京・新宿バルト9で行われ、主演に抜てきされた15歳・現役中学生の新人声優たけだまりこをはじめ、共演の中恵光城、八木侑紀、萩原あみ、平山笑美、原案・音楽プロデュースを兼ねる土屋暁氏、本川耕平プロデューサーが出席した。

 本プロジェクトは、「アニメがゲームのスピンアウトにならない」「ゲームがアニメの関連商品にならない」をテーマに掲げ、アニメとスマートフォン向けゲームアプリが連動して展開される。ストーリーは、人間を狂わせる巨大な繭「フェノメノン」を収束させる任務を負う特殊部隊「拡張少女系トライナリー」に選ばれた少女たちの戦いを描く。毎週アプリ内で配信されるアニメは、バトルと日常描写を中心に物語が進む。一方のゲームでは、プレイヤーがメインキャラクターを戦闘少女として育成すると同時に、少女たちの抱える悩みや不安を解消する手助けをするなど、濃密なコミュニケーションに重点を置いている。

 デビュー作で主演に抜てきされた“シンデレラガール”たけだは、緊張のあまり表情を強ばらせながら「信じられなくて! 楽しみと不安がたくさんあった。でも、今この場に立って、嬉しい!」と言葉を振り絞る。さらに、主人公・逢瀬つばめとの共通点を問われると、「つばめはドジっ子だけど、がんばり屋だから、自分もがんばらなきゃと思う。似ているところは意外とドジっ子なところ」。直後に共演陣から「意外とではないかな」と突っ込まれ、「雨の日に刀の形の傘を持ってきた、しかも制服で!」(中恵)と天然キャラであることを暴露されていた。

 時間が経つにつれ、アニメとゲームが大好きな15歳の女の子らしい無邪気な笑顔をのぞかせるたけだ。本作の生みの親である土屋氏は、「逢瀬つばめさんそのもの。素でドジっ子(笑)。一緒に成長していけるし、一緒に作品を作っていけると思った」と語り、声優としての今後の活躍に期待を寄せた。

 「拡張少女系トライナリー」は2016年内の配信を予定。

最終更新:9/16(金) 23:20

映画.com