ここから本文です

【特集】TGS 2016ビジネスデイ人気ブースの混雑状況ひとまとめ

インサイド 9月16日(金)23時35分配信

現在、幕張メッセにて開催中の国内最大級のゲームイベントTGS 2016。ビジネスデイは9月16日で終了し、いよいよ17日から一般参加者が入場できる待望の一般デイがはじまります。

そこで当編集部は、TGS一般デイの参加者に向けて、ビジネスデイで混雑していた人気ブースを紹介。本記事をチェックして、TGSで立ち寄るブースを計画的に決めてみてはいかがでしょうか?

※<B>本記事の情報は、筆者がビジネスデイで調査した結果です。一般デイでは状況が全く異なる場合があり、曜日や時間帯によっても混雑状況が変わることを予めご了承ください。</B>

ブース名:カプコンブース
混雑レベル:★★★★☆
状況:カプコンブースは、『バイオハザード7』や『めがみめぐり』などの注目作があって、混雑が起きていました。特に『バイオハザード7』の試遊台は、2時間以上並ぶようです。
ブース名:SIEブース
混雑レベル:★★★★★
状況:SIEブースは、『Horizon: Zero Dawn』『GRAVITY DAZE 2』や『地球防衛軍5』をはじめとした注目作が出展されている事もあり、非常に混雑していました。しかし、それに対応して試遊台も充実しているので、お目当てのタイトルをプレイするのは、そこまで難しくはないかもしれません。ただし、整理券がないと体験できないVRコーナー(ホール4とホール11)は非常に混雑しており、キャンセル待ちの行列が出来ていました。『GTスポーツ』の試遊台も中々の人気です。
ブース名:スクウェア・エニックスブース
混雑レベル:★★★★★
状況:スクウェア・エニックスブースは、『FF15』などのビッグタイトルが用意されており、多くの人々でにぎわっていました。また、『フォールアウト4』と『DOOM』のVR体験コーナーは、ビジネスデイにおいても160分待ちになる状況でした。これがお目当ての人は、入場開始直後に並んだほうがいいかもしれません。
ブース名:セガブース
混雑レベル:★★★★☆
状況:セガブースは、『龍が如く6 命の詩。』のコーナーに行列が出来ていました。ビジネスデイの時点で2時間待ちなので、本作をプレイしたい人は相当な忍耐が必要かも?『タイタンフォール』は30分待ちで試遊できました。
ブース名:コーエーテクモゲームスブース
混雑レベル:★★★☆☆
状況:コーエーテクモゲームスブースは、『ベルセルク無双』や『仁王』の試遊台にひとだかりができていました。『フィリスのアトリエ』は、やや空いている印象を受けましたが、それでも試遊するのに60分は待たなければならないようでした。
ブース名:インテルブース
混雑レベル:★★★☆☆
状況:インテルブースは、MMORPG『FF14』が出展されており、多くのファンでにぎわっていました。また、『フィギュアヘッズ』のキャンペーンとして、特別デザインのスケルトニクス(パワードスーツ)が展示されており、実際に装着できるようになっています。このアトラクションにもかなりの行列が出来ていました。
ブース名:DMM GAMESブース
混雑レベル:★★★★☆
状況:DMM GAMESブースは、『刀剣乱舞-ONLINE-』のVRコーナーに行列ができていました。
ブース名:2kブース
混雑レベル:★★★☆☆
状況:2kブースは、非常に作り込まれた『マフィア III』のコーナーに人気が集まっていました。
ブース名:インディーゲームブース
混雑レベル:★★☆☆☆
状況:インディーゲームブースは、ゲームを試遊する人々でにぎわっていますが、混雑するほどのレベルではありませんでした。しかし、日活のブースはやや混雑していた模様です。
ブース名:物販コーナー
混雑レベル:★☆☆☆☆
状況:物販コーナーは、ファングッズを買い求める人がいましたが、そこまで混雑している印象を受けませんでした。
ブース名:Futuretown
混雑レベル:★★★☆☆
状況:Futuretownのブースは、VR体験ができる事もあって多くの人々で賑わっていました。
ブース名:Sojitz Corporation
混雑レベル:★★★☆☆
状況:Sojitz Corporationのブースは、世界最軽量を謳うメガネフレーム型VRデバイスが展示されている事もあって、そこそこの混雑が起きていました。
ブース名:D3パブリッシャー
混雑レベル:★★☆☆☆
状況:D3パブリッシャーのブースは、VRゲーム『しあわせ荘の管理人さん。』の試遊コーナーに若干の混雑が起きていました。同作のNOVR版の試遊台でも30分は待つ必要がありました。
ブース名:ブシロード
混雑レベル:★★★★☆
状況:ブシロードのブースは、アーケード版『ラブライブ』の試遊コーナーにかなりの混雑が起きていました。同作の試遊台を体験すると、ノベルティの特製うちわが貰えるのも混雑の要因のひとつかと思われます。
ブース名:ボルテージ
混雑レベル:★★★★☆
状況:ボルテージのブースには、イケメンが”椅子ドン”してくれるアトラクションがあり、かなりの行列が出来ていました。
◆◆◆
ビジネスデイを通して、VR関連のブースは、どこも混雑している印象で、整理券がすぐになくなってしまうケースも多いようでした。もし、読者の中に体験したいVRゲームがある人がいるのなら、早めに該当のブースに立ち寄ってみたほうがいいかもしれません。いずれにしても一般デイは、どこも混雑が予想されますので、事前準備はきちんとしておきましょう!

17日からは一般デイに入りますが、読者のみなさんがTGS会場で確認した混雑状況もコメント欄で教えてください!

最終更新:9月16日(金)23時46分

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。