ここから本文です

デノン、「Dolby Atmos」「DTS:X」に対応した11.2ch/9.2chモデルのAVサラウンドレシーバー

アスキー 9月16日(金)19時46分配信

デノンは9月16日、11.2ch AVサラウンドレシーバー「AVR-X6300H」、9.2ch AVサラウンドレシーバー「AVR-X4300H」を発表した。

 デノンは9月16日、11.2ch AVサラウンドレシーバー「AVR-X6300H」、9.2ch AVサラウンドレシーバー「AVR-X4300H」を発表した。発売日はいずれも10月中旬。AVR-X6300Hの販売予想価格は30万2400円で、AVR-X4300Hの販売予想価格は17万2800円。
 
 両モデルとも、新世代のオブジェクトオーディオ技術である「Dolby Atmos」、「DTS:X」に対応。HDMI端子は8入力/3出力すべてが4K映像コンテンツに対応する。著作権保護技術「HDCP 2.2」、映像のダイナミックレンジを拡張する「HDR」や、従来のHD映像の2倍以上の広色域表現を可能にする「BT.2020」のパススルーに対応している。
 
 ネットワークオーディオ機能は、5.6MHz DSDファイルの再生に対応し、PCM系のファイルは最大192kHz/24bitに対応している。AVレシーバー本体とネットワークオーディオ機能などの操作は、iOS/Android/Amazon Fire対応の「Denon AVR Remote」で行なえる。2.4/5GHzのデュアルバンドWi-Fiに対応し、高速かつ安定した通信ができるという。
 
 AVR-X6300Hは、最大出力250W(6Ω、1kHz、THD 10%、1ch駆動)の11chのディスクリート・パワーアンプを搭載。パワーアンプの追加なしに「7.1.4」のサラウンドシステムを構築できる。
 
 AVR-X4300Hは、最大出力235W(6Ω、1kHz、THD 10%、1ch駆動)の9chのディスクリート・パワーアンプを搭載。単体で「5.1.4」、「7.1.2」までのサラウンドシステムを構築することができる。AVR-X6300Hと同様に、11.2chプロセッシング/11.2chプリアウトに対応しているので、パワーアンプを追加して、「7.1.4」までシステムを拡張することができる。
 
 
文● 田沢

最終更新:9月20日(火)15時55分

アスキー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]