ここから本文です

宇多田ヒカル×椎名林檎、「二時間だけのバカンス」MV公開

cinemacafe.net 9月16日(金)19時45分配信

2010年末に音楽活動を休止し、5年半ぶりに今年4月より復帰したアーティスト・宇多田ヒカル。9月16日(金)より、ファン待望となる8年ぶりのオリジナル・フルアルバム「Fantôme」から、椎名林檎が参加した楽曲「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎」のMVが公開。併せてレコチョクにて先行配信が開始された。

【写真】「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎」MVより

高畑充希がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌となった「花束を君に」や、日本テレビ「NEWS ZERO」テーマ曲「真夏の通り雨」など、復帰後も話題の楽曲を提供する宇多田さん。9月19日(月・祝)には、10時間で放送される「30周年記念特別番組 MUSIC STATION ウルトラFES 2016」への出演も決定しており、何を語るのか注目が集まっている。

この度、8年ぶり、6枚目となるオリジナル・フルアルバム「Fantôme」にて、映画や舞台の音楽制作、NHK「カーネーション」ほかTVドラマの主題歌を手掛けるなど多角的に活躍するアーティスト・椎名さんと宇多田さんが初共演。楽曲タイトルは「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎」。「GYAO!」にて先行公開されたMVでは、何光年先までの宇宙旅行が一般的になり、一時は繁栄した太陽系観光もいまでは見る影もない、そんな時代設定を背景に、宇宙にランデブーする2人が描かれる。監督は椎名さんのMVやCMを数多く手掛ける児玉裕一が担当した。

宇多田さんは「林檎ちゃんとはかれこれ長い付き合いになります! ずっと何か一緒にやろうと言いつつ、私が人とコラボするっていう体勢じゃなかったんですね、きっと。でも今回は、『あ、素敵かも』と思って正式にオファーしてもらいました」と経緯を明かし
「この曲では日常と非日常の危うい関係を表現したかったんです。母であり妻でもある2人なら説得力増すし面白いかなと思って」「子どもができるまで『日常』というものがなかったので、日常を手に入れた分、非日常的なスリルを求める気持ちもわかるようになったんだと思います」と楽曲への想いを語った。

一方の椎名さんは、宇多田さんの復帰について言及し、「私がそれを切望していたのを、ご存じな方もいらっしゃるだろうか。最愛のお母様を亡くした彼女へあれこれせがむことはできなかったけれど、パートナーを得、遂には母となった彼女になら、ずっと我慢してきた思いを正直にぶつけてもいいような気がしたのである。だって東京の巷には、やっぱり彼女の声がよく似合う」と胸の内を告白。そして「生まれてこのかた彼女はずっと、浮遊していたのかも知れない。そしていま初めて東京へ着地してくれたのかも知れない。なんちゃって勝手に感じ入る私をどうか赦して欲しい」と、独特の言葉で喜びを表した。

ほかにも本アルバムでは、生い立ちや現況をありのままに綴る歌詞表現と、ジャンルにとらわれない音楽スタイルで国内外から絶大な支持を集めるKOHHが「忘却 featuring KOHH」に参加。Capesonや水曜日のカンパネラなどの楽曲制作を手掛けた歌手・プロデューサーのが「ともだち with 小袋成彬」に参加している。


「Fantôme」は9月28日(水)よりリリース。

最終更新:9月16日(金)19時45分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。