ここから本文です

風とロック芋煮会 17日猪苗代 18、19日白河

福島民報 9月16日(金)10時52分配信

 「風とロック芋煮会2016 KAZETOROCK IMONY WORLD」は17日に福島県猪苗代町の猪苗代野外音楽堂、18、19の両日に福島県白河市のしらさかの森スポーツ公園で開かれる。
 17日は正午からギター弾き語りコンテスト「アコワン・グランプリ」を催す。ミュージシャン渡辺俊美さん(川内村生まれ、富岡町育ち)が考えた企画で、7、8の両月に県内5カ所で開かれた予選会を突破した15人が出場する。優勝者は18日に白河市のステージで演奏する。
 18、19両日は午前9時35分からのオープニングアクトの後、人気アーティストのライブを行う。18日は谷村新司さん、レキシ、高橋優さん、サンボマスターなどが出演する。19日はクリープハイプや10-FEETらが登場する。
 このほか、18日は人気落語家立川談春さんが高座に上がる。両日とも出演者による野球を繰り広げ、19日は女優蒼井優さんが始球式を行う。両日とも、白河の関ステージとして、リオデジャネイロ・パラリンピック柔道(視覚障害)女子48キロ級で5位になった半谷静香さん(いわき市出身)らパラリンピアンとアーティストのトークショーなどを行い、五輪・パラリンピックへの関心を高める。
 風とロック、福島民報社の主催。白河市の共催。グリコ、ダンロップ、ニラクの賛同。
 チケットは猪苗代会場は2千円。白河会場は、2日通しの入場券が1万3千円、18日または19日のみは7千円。野球観戦は1日券が1500円、2日券が3千円(野球観戦には入場券も別途必要)。各券はプレイガイドのほか、福島民報社事業局、郡山本社で扱っている。立川さんの落語券の販売は終了した。白河の関ステージはチケットがなくても入れる無料エリアとなる。問い合わせはGIP 電話022(222)9999へ。

■割り箸リサイクルPR 南会津活性化 障害者支援

 福島大の地域活性化サークル「とげっちょ組」は18、19の両日に白河市で開かれる「風とロック芋煮会2016 KAZETOROCK IMONY WORLD」で南会津町の山間地活性化と地域の障害者を支援する割り箸のリサイクル活動を繰り広げる。イベントを通して森林保全、地域活性化、障害者支援をアピールしようと意気込んでいる。

■箭内さん趣旨快諾

 風とロック芋煮会の実行委員長を務めるクリエイティブディレクター箭内道彦さん(郡山市出身)が学生の趣旨を快諾して実現する。箸袋のデザインは学生が考え、箭内さんが監修した。割り箸は各飲食店で提供され、会場内の専用ボックスで全量回収し、木質ペレットに再加工する。会場限定の風とロックオリジナル割り箸も販売する。
 割り箸は町内中荒井地区のNPO法人あたごが運営する授産施設「あたご共同作業所」が町内で出た間伐材を利用して製造している。割り箸の売り上げの一部を施設に寄付する。とげっちょ組の橋本悠太代表(20)=経済経営学類2年=は「福島が元気になる一助となればうれしい」と期待している。
 箭内さんは「今年の風とロック芋煮会は、今まで以上に新しい繋がりが生まれています。その象徴のひとつが福島大学とげっちょ組とのコラボレーション。彼らの若い力とアイディアが、風とロック芋煮会も、そしてこれからの福島をより強く優しい場にしてくれるはずです。ありがとう」とコメントを寄せた。

福島民報社

最終更新:9月16日(金)11時0分

福島民報