ここから本文です

東急、スマホで駅の混雑状況が分かる「駅構内カメラ画像配信サービス」を開始

ITmedia エンタープライズ 9月16日(金)8時14分配信

 東京急行電鉄と日立製作所は9月15日、駅構内の様子を配信する「駅視-vision(エキシビジョン)」を、10月上旬から東急線の60駅で正式に開始すると発表した。

【その他の画像】

 駅視-visionは、駅構内カメラから取得し、加工処理を行った画像をスマホ向けの「東急線アプリ」と、東急沿線のケーブルテレビ イッツコムで配信する「テレビ・プッシュ(テレビ自動お知らせサービス)」に配信するもの。大幅な遅延を伴う運行支障が生じたときなどに、利用者が駅の混雑情報を視覚的にかつタイムリーに確認でき、乗車の見合わせや迂回ルートの確認といった行動判断に役立てられるという。

 カメラで撮影した画像データの解析や加工には日立製作所が開発した画像データ加工技術を用いており、プライバシーを保護するためにカメラに写っている駅利用者一人一人を人型のアイコンに置換して表示する。

 データの加工処理から公開までは外部からのアクセスができない環境で行い、個人情報法ではなく、匿名情報として配信する。加工されたデータは約1分置きに上書きされ、システム内には直近の匿名データのみが1画像分のみ保存される仕組み。日立はデータ加工技術を提供し、データの管理など全ての運用は東急電鉄が担当するとのこと。

 東急電鉄では、2016年3月から溝の口など計6駅を対象に実証実験を実施。適切に運用でき、利用者の評判も良好であったことから、今回、二子玉川や武蔵小杉をはじめとする東急線60駅で正式に開始開始した。順次対象駅を広げ、2018年度初頭までにこどもの国線、世田谷線を除く東急線全駅に導入する予定としている。

最終更新:9月16日(金)8時14分

ITmedia エンタープライズ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]