ここから本文です

世田谷・若林に海鮮創作料理「和しょう」 築地直送ネタを数種の塩で /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月16日(金)12時0分配信

 世田谷・若林に9月3日、「海鮮Dining 和しょう」(世田谷区若林1、TEL 03-6804-0407)がオープンした。
(三軒茶屋経済新聞)
 鮮魚をメインに、ジャンルを超えた創作料理を提供する同店。食材にこだわり、築地や伊豆から直送された天然マグロなどの鮮魚や産直野菜を使う。

鮮魚ケースのあるカウンター席

 特に力を入れているのが20種類以上の魚介を使ったにぎりずし。10種類以上の塩をそろえ、素材に合う味付けをするという。

「旬のおまかせ握り」は8貫=2,800円、10貫と鉄火巻き=3,300円、10貫特上とトロ巻き=4,300円(以上、汁物付き)。単品は300円~。コースは5,000円、6,200円、7,200円の3種類を用意する。2,000円追加で飲み放題にも対応する。一品料理は「短角牛のローストビーフ」(950円)、「産直野菜のふわふわゴマあえ」(700円)、「伊豆産わさび葉のお刺し身こんにゃく」(650円)など。

 店主の上原翔太さんは「すし店は敷居が高くて入りづらいという若い人にも来てもらえるよう、手頃な価格設定を心掛け、すべてのメニュー料金を明示した」と話す。店内はフランス料理店のような明るい空間を目指し、子ども連れやパーティーなどさまざまなシーンに対応するという。

 上原さんは「厳選した食材を使ったユニークな創作料理を提供する。アイデアに富んだメニューを気軽に楽しんでほしい」と呼び掛ける。

 営業時間は、11時30分~15時、17時30分~翌2時。水曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月16日(金)13時25分

みんなの経済新聞ネットワーク