ここから本文です

ホンダ、MXレーサー CRF450R をフルモデルチェンジ…エンデューロ仕様も発売

レスポンス 9月16日(金)15時57分配信

ホンダは、水冷4ストロークエンジン搭載の市販モトクロッサー『CRF450R』をフルモデルチェンジし、2017年型モデルとして11月7日に受注期間限定で発売。さらにエンデューロレーサー『CRF450RX』を新たに開発し、12月15日に受注期間限定で発売する。

[関連写真]

CRF450Rは、新世代ユニカムバルブトレインを採用した新設計の水冷4ストローク4バルブエンジンを搭載。バルブリフト量の拡大と、インテーク側にはフィンガーロッカーアームを新規に採用することで、低回転域から高回転域までの全域のトルクと出力を向上させた。また、リアサスペンション取り付け位置の見直しとエアクリーナーおよびエンジンの吸気側のポート変更によって、吸気通路を直線的につなぐ「ストレートインテークレイアウト」を実現し、加速性能を高めた。

さらに、新設計の高剛性フレームに加え、後輪への荷重分担を引き上げてトラクション性能を向上させるとともに、徹底した低重心化を図ったほか、再始動を容易にするセルスターターをオプション設定した。価格は93万9600円。

CRF450RXは、CRF450Rをベースに、扱いやすい特性を追求するなど各部を最適化した市販エンデューロレーサー。キックスタート式に加えセルスターターを標準装備し、エンジンの再始動性能を向上させた。価格は97万7400円。

いずれもカラーリングは、エクストリームレッドを主体色とし、一目でホンダ車と認識できる個性を主張するとともに、新たにフィルムインサート成形のシュラウド一体型グラフィックを採用し、ライディング時の摩擦や洗車時などでもはがれにくい特性としている。
両モデルともに受注期間は9月16日から12月26日まで。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:9月16日(金)15時57分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]