ここから本文です

台風16号接近 緊急対策会議開催=韓国

聯合ニュース 9/16(金) 12:23配信

【ソウル聯合ニュース】韓国国民安全処は16日、台風16号による被害を最小限にとどめるため、九つの関係機関や市・道の室長・局長が出席する緊急対策会議を開き対策を点検した。

 韓国気象庁は台風16号の影響で17~18日に済州島と南部地域で80~150ミリ、多いところで200ミリ以上の大雨となり、強風や高波が発生すると予報した。

 同処は12日に慶尚北道・慶州で発生した地震に続き、台風が直接・間接的な影響を与える恐れがあるとして、現在稼動中の中央災難安全対策本部非常2段階を維持することを決めた。

 また、同処は関係官庁や自治体に海岸や低地、高波や土砂災害が発生する可能性のある地域、水産養殖施設など被害を受ける恐れの高い地域や施設に対する安全措置を強化するよう求めた。

最終更新:9/16(金) 13:43

聯合ニュース