ここから本文です

中日・岩瀬が現役続行!復活まだだけど…42歳19年目へ 最近2戦0封で手応え

デイリースポーツ 9月16日(金)6時5分配信

 中日・岩瀬仁紀投手(41)が15日、現役続行に意欲を示した。球団側も後押しする構えで、来季契約に障害はない。昨季は1、2軍通して未登板に終わり、復活を期した今季は13試合で2敗、防御率7・00。今後行われる球団との話し合いで最終結論を出す。

 現役続行か引退か-。揺れ続けた岩瀬に、ようやく今後の方向性が見えてきた。「自分の中ではだいたい感触はつかめました。やれるなら、1年でも長くというのが本音です」。6日・広島戦(マツダ)は1回無失点、10日・DeNA戦(ナゴヤドーム)も2/3回を無失点。最近2試合の投球で、心は次第に現役続行へ向かった。

 そんな岩瀬の決断を球団側も後押しする。西山球団代表は近日中に話し合いの場を設ける考えを明かし「彼は必要な戦力ですし、人間的にも素晴らしい。『チームにとって存在そのものが大きい』と伝えるつもりです」と語った。兼任コーチなど肩書は設けず、プレーヤー岩瀬に19年目のシーズンを用意する方針という。

 最後のセーブは2014年7月31日・広島戦(マツダ)。あれから2年と2カ月。守護神というポジションはもちろん、1軍を保証されるわけでもないが、このままでは終われない。11月に42歳になる岩瀬が、自分自身との戦いを続ける。

最終更新:9月16日(金)7時29分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]