ここから本文です

穂積 亡き母へ誓った原点回帰!打たせずに勝つ姿届ける

スポニチアネックス 9月16日(金)7時0分配信

 ◇WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチ 王者ウーゴ・ルイス≪12回戦≫同級5位・長谷川穂積(2016年9月16日 エディオンアリーナ大阪)

 前日計量をリミットいっぱいで発パスした長谷川穂積(35=真正)がこけた頬で強い意志を示した。「できるだけダメージを負わない、母親が好きだと言ったボクシングを心掛けたい」。現役ラストマッチの可能性がある舞台。原点回帰の思いを口にした。

 かつて5連続TKOで防衛を果たした“倒し屋”ながら、本来は技巧派サウスポーだ。元ボクサーの父・大二郎さんから自宅で叩き込まれたのは、打たせずに打つボクシング。それは同時に、10年10月にがんで亡くなった母・裕美子さん(享年55)が愛したスタイルだった。相手のルイスは身長、リーチともに7・5センチ長い。36勝中32KOを誇る右のハードパンチャーを打たせずに倒してこそ、理想のスタイルにたどり着く。

 長女・穂乃ちゃん(10)との約束を果たすのも今回のテーマだ。「(勝った後)リングに上がりたいと言い続けている。父親として願いをかなえてあげたい」。日本人最年長王者(35歳275日)、日本人4人目の3階級制覇がかかるが、記録は二の次。己のボクシングを完結させるため、そして亡き母、娘、家族に勇姿を見せるために――。引退にあらがい続ける理由はそれに尽きる。

最終更新:9月17日(土)3時26分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]