ここから本文です

「モッツ出版」高須基仁氏 石巻の利権構造に怒りの絶叫

東スポWeb 9月16日(金)16時42分配信

「モッツ出版」の高須基仁氏(68)が15日、都内で新著「病める『海のまち』闇」(展望社)の出版イベントを行った。

“ヘアヌードの仕掛け人”と呼ばれ、数々のイベントを主催してきた同氏だが、この日はマジメ。2011年3月11日の東日本大震災で壊滅的な被害を受けた宮城・石巻市における1兆円規模の復興予算の使い道や、利権構造に、河北新報社元常務の相沢雄一郎氏(82)とともにメスを入れた。

 高須氏は「東京の(築地市場の)豊洲移転問題と同じような利権構造が石巻にもある。一部の権力者が五輪予算を上回る莫大な金を自由に動かし、私腹を肥やしている。許せない!」と絶叫。同書は石巻市だけでも2000部を売り上げ、増刷が決定した。地元市議会でも今後、問題化しそうな雲行きだ。

最終更新:9月16日(金)16時49分

東スポWeb