ここから本文です

TOTOトイレ博物館、なぜ人気? 来館者が目標の5倍

朝日新聞デジタル 9月16日(金)9時6分配信

 TOTOが昨年8月に開設したトイレの博物館「TOTOミュージアム」(北九州市)の来館者数が、15日に10万人を突破した。目標は当初1年間で2万人だったが、歴代のトイレが集まるユニークな展示が話題を呼び、1年あまりで5倍の人が訪れた。

 TOTO本社敷地内にあるミュージアムには、国内初の洋式水洗便器(複製)を始め、トイレや浴槽、キッチンなど約950点の展示が並ぶ。来館者は小学生から高齢者まで幅広く、10万人の半数は福岡県外からで、関東や関西からも訪れるという。

 製造業が集まる北九州市では、市や経済界が地元の工場見学などで観光客を呼び込む「産業観光」を推進している。北九州商工会議所の担当者は「休日には難しい工場見学に比べ、TOTOミュージアムは多くの人が気軽に行ける。北九州を知ってもらうのに大きな弾みになる」と話す。(高橋尚之)

朝日新聞社

最終更新:9月16日(金)9時6分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]