ここから本文です

ルイスは余裕の仕上がり モレノは頬こけ…減量に苦しんだ様子

スポニチアネックス 9月16日(金)7時0分配信

 ◇WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチ 王者ウーゴ・ルイス≪12回戦≫同級5位・長谷川穂積(2016年9月16日 エディオンアリーナ大阪)

 長谷川の挑戦を受ける王者ウーゴ・ルイス(29=メキシコ)は、リミットちょうどの55・3キロで一発パスした。

 約4年前の亀田興毅戦の計量は1回目で200グラムオーバー。パンツを脱いだ2度目の計量も失敗するなど苦戦したが1階級上げて減量もスムーズになったのかバッチリ仕上げてきた。

 山中に挑戦するアンセルモ・モレノ(31=パナマ)も100グラムアンダーとなる53.4キロで一発クリア。こちらはこの一戦を最後に階級を上げることを宣言しているだけに、頬はこけて減量に苦しんだ印象。計量後は両者とも無言で会場を後にした。

最終更新:9月17日(土)3時26分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。