ここから本文です

落合GM去就で揺れる中日のドラフト戦略

東スポWeb 9月16日(金)16時41分配信

 来年1月に契約が切れる落合博満GM(62)の去就問題が中日のドラフト戦略に影響を及ぼしかねないという。「スカウトたちは相手先から『来季の落合GMはどうなるんですか』とよく質問されるそうだよ。しかも『落合GMが続投するなら中日には行かせたくないんですよねぇ』と言われたり、気まずい思いをしていると聞いている」(チーム関係者)

 2013年オフに落合GMが誕生して以来、中日では野球協約の減額制限(年俸1億円超は40%、1億円以下は25%)いっぱいの大幅減俸が毎年のように行われ、GMのコストカッターぶりが話題になったが、ドラフト候補生や、その選手の所属するチームの監督、コーチ、先輩、保護者ら関係者の多くがそれを不安視。「スカウトは『中日さんは1年目でも25%ダウンなんてあるんですよね』と心配そうに言われるらしいよ。『1年目から期待していないと言っておいて結果が出ていないからと、いきなり25%ダウンはありえない。落合GMのやり方は何とかなりませんか』と苦言をもらうこともしょっちゅうだって。だからGMの去就が注目されているんだよ」と別の関係者も話した。

 その一方で「スカウトは今年のドラフト1位候補に(いずれも投手の)作新学院の今井、履正社の寺島、創価大の田中、桜美林大の佐々木らを考えているが、GMはほとんど東京六大学野球ばかり視察していたから、明大(投手)の柳を1位で獲れって言ってくる可能性は十分あるんじゃないか。GMの“鶴の一声”で指名選手が変わったことはこれまで何度もあったしね」ともささやかれているが、どうなるか。

 昨年は県岐阜商・高橋純平投手(現ソフトバンク)の1位指名を公言していた白井オーナーは今年に関して「どうなっているのか知らないんだよね。聞いていない」と言いながら「そりゃあ、駆け引きはあるからね。腹の内は明かさない」とけむに巻いたが…。

最終更新:9月16日(金)16時51分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]