ここから本文です

サラリーマン・大槻ケンヂがカラオケボックスで熱唱!筋肉少女帯×カラオケDAMコラボ曲MV公開

M-ON!Press(エムオンプレス) 9/16(金) 20:07配信

10月26日に発売される筋肉少女帯のニューシングル「人から箱男(筋少×カラオケDAMコラボ曲)」のミュージックビデオ(Short Ver.)が公開された。

【詳細】MVはこちら

このシングル曲は、筋肉少女帯とカラオケDAMがタッグを組み、生まれた楽曲。ミュージックビデオはカラオケ画面仕立ての作りになっており、実際にカラオケDAMで放映されるタイトル画面や歌詞テロップ、最後には消費カロリーまでが表示される、まさに筋少とカラオケDAMのコラボレーションによって完成した映像に仕上がっている。

あわせて、10月26日に同時リリースとなるシングルと再結成10周年記念ベストアルバムのアートワーク、および収録内容詳細が公開。シングルのジャケット写真には、サラリーマンに扮した大槻ケンヂ(vo)がカラオケボックスで歌う姿が。一方の、再結成10周年ベストのジャケット写真では、メンバー全員が大槻と同じヒビを顔に入れていることに注目だ。また、再結成10周年ベスト用に撮影されたアーティスト写真は、メンバー4人が“再結成10周年”をお祝いしている宴会風景の写真になっている。

シングルの限定盤付属DVDには、「人から箱男(筋少×カラオケDAMコラボ曲)」ミュージックビデオのフルバージョンに加えて、2016年4月23日に開催されたLIQUIDROOM公演『2016 筋少 1st Live 歌って!筋肉少女帯!!』よりライブ映像が収録されることが明らかになった。

大槻ケンヂのポリープ手術直前であったことから、大槻をサポートするべく筋少メンバーによる歌唱や、ゲストボーカリストとして二井原実(LOUDNESS, X.Y.Z.→A )、ナカジマノブ(人間椅子)、野水いおりを迎えた、エンターテインメント感満載となったステージより10曲のライブ映像が収録される。

そして、再結成10周年ベストの限定盤付属DVDには「再結成10周年 Anniversary Movie」というタイトルがついており、メンバー4人が“仲直り”再結成からの10年を振り返りながらトークを繰り広げ、貴重なオフショットや舞台裏など未公開映像が満載の、再結成10周年の裏側が明かされる1時間16分にもおよぶ大作となっている。

また、2アイテム同時発売を記念し、ダブル購入者より抽選で『筋少ちゃんと楽しもう!シングル&アルバムW購入者応募特典 スペシャルトークイベント~興が乗れば歌うかも~』に参加できる応募券が、それぞれの限定盤に封入。そして、シングルとアルバムの限定盤と通常盤(初回プレス分)には、それぞれ写真が異なる筋少トレカ(全5種よりランダム1枚)が付いた豪華な内容であることが明らかになった。

あわせて各CDショップでのダブル購入特典、衣装展、東名阪インストアイベントツアーも発表。盛りだくさんの特典の詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

10月27日より『再結成10周年 パーフェクトベストTOUR』を開催。カラオケDAMでのキャンペーン展開も後日発表されるという。結成から28年を迎えた今なお、筋少の勢いが止まらない。

リリース情報
2016.10.26 ON SALE
SINGLE「人から箱男(筋少×カラオケDAMコラボ曲)」

2016.10.26 ON SALE
ALBUM『再結成10周年パーフェクトベスト+2』

ライブ情報
再結成10周年 パーフェクトベストTOUR
10/27(木) 東京・渋谷 WWW X
11/02(水) 東京・新宿 BLAZE
11/12(土) 愛知・名古屋 CLUB QUATTRO
11/19(土) 大阪・梅田 CLUB QUATTRO
11/26(土) 東京・EX THEATER ROPPONGI

筋肉少女帯・徳間ジャパンコミュニケーションズ OFFICIAL WEBSITE
http://www.tkma.co.jp/j_pop/King-Show/

筋肉少女帯 OFFICIAL WEBSITE
http://eplus.jp/king-show

「人から箱男」[初回限定盤/CD+DVD]

「人から箱男」[通常盤/CD]

『再結成10周年パーフェクトベスト+2』[初回限定盤/2CD+DVD]

『再結成10周年パーフェクトベスト+2』[通常盤/2CD]

最終更新:9/16(金) 20:07

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]