ここから本文です

東京国際映画祭の招待作品が発表、レフンやヴィルヌーヴの監督作など11本

映画ナタリー 9月16日(金)12時0分配信

第29回東京国際映画祭の特別招待作品が発表された。

本年度はニコラス・ウィンディング・レフンが監督、エル・ファニングが主演を務める「The Neon Demon(原題)」、ドゥニ・ヴィルヌーヴがメガホンを取ったSF作品「メッセージ」、黒人奴隷の反乱を率いたナット・ターナーの姿を描く「バース・オブ・ネイション」などがラインナップ。ほかに「マイ・ベスト・フレンド」「この世界の片隅に」なども決まり、すでに発表されていた「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」「聖の青春」「ミュージアム」を含め全11本が出そろった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

第29回東京国際映画祭は、10月25日から11月3日まで東京・六本木ヒルズをはじめとする周辺会場にて開催。細田守や岩井俊二の特集企画、今年で3度目となる「歌舞伎座スペシャルナイト」などが行われる。

第29回東京国際映画祭 特別招待作品
「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」
「聖の青春」
「いきなり先生になったボクが彼女に恋をした」
「イタズラなKiss~THE MOVIE~ Part1 ハイスクール編」
「この世界の片隅に」
「The Neon Demon(原題)」
「種まく旅人~夢のつぎ木~」
「バース・オブ・ネイション」
「マイ・ベスト・フレンド」
「ミュージアム」
「メッセージ」

最終更新:9月16日(金)12時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。