ここから本文です

iPhone 7のホームボタン、「クリック感」設定のベストは?

アスキー 9月16日(金)17時0分配信

iPhone 7/7 Plusのホームボタンは、クリック感を3段階に調整できます。

 iPhone 7/7 Plusのホームボタンは、「タップティックエンジン(Taptic Engine)」を採用した、感圧式のセンサーになっている……というのは、ご存知の人も多いでしょう。
 
 押しこむボタンではなく、物理的には一切動かない板。指先に擬似的にクリック感が伝わるという“ボタン”です。このホームボタンの採用により、物理ボタンの経年劣化を気にしなくてよくなったほか、防水・防塵機能の達成にも一役買っているものと思われます。
 
 さて、新しいホームボタンは、クリック感を「1~2~3」の3段階に調整できます。数字が大きいほど反応も大きいわけです。
 
 どの設定がよいのでしょうか? こればかりは個人の判断によるとしかいえませんが、筆者の私見でいえば、明らかに「ボタン」を押す感覚とは別物です。iPhone 6s/6s Plusに搭載された、ディスプレーへのタッチ圧力を検知して指先にブルッと反応を返す「3D Touch」の感触、あれに近い。何かを押すというより、指そのものに振動が返ってくる感じ。
 
 編集部でも(自分の予約分が届いてなかったことへの悲しみか)多くの人たちが触りまくり、口々に新しいホームボタンの感想を述べていました。
 
 たとえば週刊アスキー・宮野編集長は「一番振動が大きい『3』がオレ的には好みなのだっ!!」とコメントしています。反応が強く返ってくる分、押したという実感が強く持てるということのようです。“ボタンを押す感”がほしい人なら、「3」に設定するのは妥当といえます。
 
 一方、週間リスキー・ACCNは「慣れれば『1』がラク。バッテリーの消費もおそらく一番少ないはず」と語ります。物理的なボタン機構とは別物だと思えば、反応は小さいほうがよい。Androidスマートフォンには物理的にホームキーがない端末(タップすると振動を返すタイプ)もあるので、そちらに慣れている人なら「1」あるいは「2」が慣れやすいかもしれません。
 
 一日に何度も触るホームボタンだからこそ、自分好みにしておきたいもの。「どうにも慣れないな」と思ったら、設定を見直すのも手でしょう。
 
 
文● コジマ

最終更新:9月28日(水)18時56分

アスキー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]