ここから本文です

『ソニックトゥーン ファイアー&アイス』ステージで中島Dが“本気プレイ”を披露、『ソニックマニア』国内配信決定のサプライズ発表も【TGS 2016】

ファミ通.com 9/16(金) 12:32配信

文・取材:編集部 立花ネコ、撮影:カメラマン 永山亘

●飯塚Pもロスから中継で登場!
 2016年9月15日(木)から9月18日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ 2016(15日・16日はビジネスデイ)。会期2日目の本日9月17日(金)、セガゲームスブースにて『ソニックトゥーン ファイアー&アイス』のステージイベントが開催された。

 『ソニックトゥーン ファイアー&アイス』は、10月27日(木)発売予定のニンテンドー3DS用アクションアドベンチャー。ステージには同作ディレクターの中島玄雅氏、プロモーション担当の初代氏が登壇したほか、アメリカ・ロサンゼルスのスタジオからシリーズプロデューサーの飯塚隆氏が中継で参加した。

 ソニックはもちろん、ナックルやテイルスなど5人のキャラクターを切り替えながら遊ぶ『ソニックトゥーン』シリーズ。最新作である『ソニックトゥーン ファイアー&アイス』はそれに加えて爽快感に特化したゲームデザインになっており、歯ごたえのあるアクションや探索を楽しんだりと、さまざまな楽しみかたができる。中島氏いわく本作は「炎と氷の力でステージやギミックを攻略していくのがキモ」ということで、ステージでは中島氏みずから実機プレイを披露した。

 実機プレイが披露されたのは、TGS 2016にもプレイアブル出展されている最初のステージ“コディアック・フロンティア”。炎の力を使うファイアースタイルと氷の力を使うアイススタイルは、ニンテンドー3DSのLボタンもしくはRボタンでいつでも切り替え可能で、これがギミック攻略のカギとなる。ステージ内にはファイヤースタイルだとダメージを受けるが、アイススタイルだと進める、といった箇所もあり、瞬時の判断が要されるのだ。

 実機プレイを見る限りソニックはハイスピードで進んでいくが、中島氏によると「いかにソニックのスピードを落とさず最後まで行けるか」もこだわりポイントのひとつ。またドラゴンリングがゴールへの道しるべとなっているため、探索などで道に迷ったときにはドラゴンリングを探して先へ進もう。プレイヤーが最初に接するステージになるため、操作を練習するにもうってつけのステージだ。

 続いては中島氏が、コディアック・フロンティアステージのボス戦をプレイ。ボス戦では攻撃チャンスになると自動でキャラクターが切り替わり、それぞれの特性を活かしながら協力してボスに立ち向かっていく。

 また中盤の新ステージも披露され、ここではコディアック・フロンティア同様にファイアースタイルとアイススタイルをうまく切り替えながら進めることが重要。導火線がふたつあるタルの爆弾など、新たなギミックも多数搭載されているようだ。

 実機プレイでもわかるように、中島氏の腕前はかなりのもの。それではそんな中島氏の“本気プレイ”はいかほど? ということで、ここで先述の新ステージで、中島氏の“本気プレイ”を披露してもらうことに。目標に設定されているタイムは2分20秒だが、結果は果たして……!?

 緊張のためか細かなミスがありながらも、中島氏はこのステージを1分48秒で見事クリアー! 目標を大きく上回るタイムを記録し、その腕前を見せつけた。『ソニック』ファンの皆さんは、ぜひ“中島氏越え”を目指してみよう。

 と、ここでロスの飯塚氏から、日本の『ソニック』ファンへ向けてお知らせがあるとのこと。「映像を用意しました」と流されたのは……『ソニックマニア』のPV!

 既報の通り、『ソニック』シリーズ2Dアドベンチャーの正統な完全新作『ソニックマニア』が、2017年春に国内で配信されることが発表。飯塚氏も「日本の皆さんをお待たせしてしまいましたが、2017年春、海外と同じタイミングで国内配信が決定しました。昔懐かしいゲームですが、すべてのステージが新設計。当時のゲームを知っている人ほど楽しめる内容になっています」と、国内のファンへ向けてアピールした。なお同作には、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』、『ソニック・ザ・ヘッジホッグCD』、『ソニック&ナックルズ』のステージが完全新規ゾーンとしてリデザインされて収録される模様。対応プラットフォームなどは未定だが、続報に期待しよう!

 明日9月17日(土)からのTGS 2016一般公開日では、ステージで紹介された『ソニックトゥーン ファイアー&アイス』も試遊可能。試遊をすると同作のオリジナルステッカーがもらえるとのことなので、会場を訪れた際はぜひチャレンジしてみよう。

最終更新:9/16(金) 12:32

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]