ここから本文です

五輪=イングランド協会、東京大会でサッカー英国代表結成に意欲

ロイター 9月16日(金)11時23分配信

[15日 ロイター] - イングランド・サッカー協会(FA)はアテネでの欧州サッカー連盟(UEFA)評議会において、2020年東京五輪での英国代表結成に各協会が合意することに期待するとの意思を示した。

英国代表は2012年の地元ロンドンでの五輪では男女ともに結成されたが、リオ五輪には参加しなかった。英国オリンピック委員会のビル・スウィーニーCEOは先月、英国代表結成に関して協議会が開かれるだろうと話していた。

FAのクレッグ・クラーク会長は「英国代表結成に関して目立った問題を解決すべく、4協会が公式な会議を再び開きたいと考えているし、私も彼らと連絡を取り、ともに動きたいと思っている」と英国メディアに語った。

スコットランド、ウェールズ、北アイルランドのサッカー協会は英国代表として戦うことで国際サッカー連盟(FIFA)での独立した地位を失うことを懸念しているが、FAのマーティン・グレンCEOはその心配はないとしている。

最終更新:9月16日(金)11時23分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。