ここから本文です

遼 9バーディー!ジャンボ以来21年ぶり大会連覇へ単独首位発進

スポニチアネックス 9月16日(金)7時0分配信

 ◇男子ゴルフツアー・ANAオープン第1日(2016年9月14日 北海道北広島市 札幌ゴルフ倶楽部輪厚コース=7063ヤード、パー72)

 ディフェンディングチャンピオンの石川遼(24=CASIO)が9バーディー、ボギーなしの63で回り、単独首位に立った。今月下旬には熊本地震の支援のため被災地を訪問するが、94、95年の尾崎将司以来、21年ぶりの大会連覇で被災地のファンに吉報を届けたいところだ。64で回った重永亜斗夢(28=ホームテック)ら4人が1打差の2位につけた。

 大会連覇へ圧巻の首位スタートだ。石川は「午前スタートの選手が8アンダーを出していたので、自分も伸ばさないといけなくて、やりづらさはあった」と明かしながらも、終わってみれば9バーディー。しかもノーボギーだ。国内ツアーでは通算4度目の単独首位発進に「スコア的にはイメージに近い感じでバーディーを取っていくことができた」とうなずいた。

 前日のプロアマ戦では「アイアンショットが良かった」とスクランブル方式ながら18ホール全てでバーディーを奪った。この日はティーショットがフェアウエーを捉えたのは14ホール中6ホールのみで、フェアウエーキープ率は42・86%の全体74位。だが、後半の4番は右ラフから残り96ヤードの第2打をSWでピンそば50センチにつけてバーディーを奪うと、7番でも左ラフから104ヤードの第2打を1メートルにつけてスコアを伸ばした。パーオン率は100%。好調のアイアンショットでティーショットの乱れを完全にカバーした。

 活躍を報告したい人たちがいる。熊本地震の復興支援の一環で、26日には重永亜斗夢と熊本県菊陽町の小学校を訪問し、50人の児童とスナッグゴルフをプレーする。同町出身の重永が7月の日本プロゴルフ選手権で石川に「来てくれないか」と打診。石川は「実現しようと2人の気持ちは一致していた」と二つ返事で了承した。現地ではスナッグゴルフだけではなく、「話をして子供たちと楽しい時間を過ごせれば」と構想を描く。重永は「遼はゴルファーだけど有名人でもある。僕が被災地に行っても“誰?”ってなりますよ。熊本のジュニアたちは絶対に喜んでくれる」と話した。大会3日目の17日には25歳の誕生日を迎える。通算15勝目となる連覇の吉報も届けられたら最高だ。

最終更新:9月16日(金)7時0分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]