ここから本文です

早くも話題沸騰! 『V!勇者のくせになまいきだR』プレス向けタイトル説明会リポート【TGS 2016】

ファミ通.com 9月16日(金)12時52分配信

●なぜドット絵ではなくなったのかも明らかに!
 2016年9月15日(木)から9月18日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の
東京ゲームショウ 2016(15日・16日はビジネスデイ)。2日目となる9月16日(金)には、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアから2017年発売予定のプレイステーション VR専用ソフト『V!勇者のくせになまいきだR』のプレス向けタイトル説明会が行われた。説明会には、シニアプロデューサーの山本正美氏(SIE JAPANスタジオ)、ディレクターの大橋晴行氏(アクワイア)と、本作から『勇なま』シリーズに始めて携わることになったプロデューサーの鳥山晃之氏(SIE JAPANスタジオ)が出席。『V!勇者のくせになまいきだR』(ちなみに“R”は“あーる”ではなく“りたーん”と読みます)を開発することになった経緯や、シリーズで初めて3Dモデルになったこと、同じく初めて魔王がしゃべることになったいきさつなどを、時にマジメに、時にユーモアを交えて赤裸々に語ってくれた。


 気になる説明会の詳細は……といきたいところだが、残念ながらこのあと別の取材が入っているので、追って掲載する。『勇なま』ファンは楽しみに待っていてほしい!

V!勇者のくせになまいきだR
メーカー:ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア
対応機種:プレイステーション4
発売日:2017年発売予定
価格:未定
ジャンル:シミュレーション / リアルタイムストラテジー

最終更新:9月16日(金)12時52分

ファミ通.com