ここから本文です

<真田丸>信繁の娘役に17歳美少女・恒松祐里 “いいお父さん”堺雅人との共演に感動!

まんたんウェブ 9月18日(日)18時0分配信

 NHK大河ドラマ「真田丸」の18日放送の「信之」で、主人公・真田信繁(堺雅人さん)の長女・すえ役の女優の恒松祐里(つねまつ・ゆり)さんが初登場する。恒松さんは17歳の高校生で、NHK連続テレビ小説「まれ」などに出演経験があるが、大河ドラマに出演するのは初めて。時代劇にも初挑戦となる。父・信繁役の堺さんとの共演に「優しくて感動しました!」と語る恒松さんに撮影について聞いた。

【写真特集】可愛くて初々しい恒松さん 美少女の熱演を一挙公開

 恒松さんは小学1年生、6歳の時にデビューし、これまで映画「俺物語!!」「くちびるに歌を」 、ドラマ「5→9」「家族ゲーム」などに出演。「まれ」で桶作元治(田中泯さん)と文(田中裕子さん)夫婦の孫・麻美を演じて注目を集めた。初の大河ドラマ出演を「すごくうれしかったです。同時に緊張しました。中学生の時に茶道部だったので、着物や和の雰囲気が好き。現場に行くのが楽しみでした」と喜ぶ。

 恒松さんは、信繁と梅(黒木華さん)の娘・すえ役として登場。すえは、梅の兄で真田家家臣・堀田作兵衛(藤本隆宏さん)に育てられ、第37回で美しく成長して登場する。すえの母・梅は第13回「決戦」(4月3日放送)で悲しい最期を迎えた。恒松さんは“母”の最期のシーンを見ながら「私を置いていってしまった……と悲しく見ていました」と感じていたという。役作りの中で、母を演じた黒木さんを「意識していましたね」といい「お母さんのシーンを見て、梅さんの娘だったら、こんなふうになるのかな? 作兵衛さんに育てられられたから……と考えました」と話す。

 父・信繁を演じる堺さんとの共演シーンも印象深かったといい「堺さんはすごく優しい方でした。リハーサルの時に私がカエルの靴下をはいていたら『可愛いね』と声を掛けてくださった。共演シーンでは『リハーサルとはお芝居が変わったね。本番の方がすえの感情や気持ちがすごく伝わってきた』と言っていただけて、感動しました。いいお父さんです。また、いつか親子役をやってみたいですね」とうれしそうに振り返る。

1/2ページ

最終更新:9月18日(日)18時0分

まんたんウェブ