ここから本文です

デフレ脱却へ需要喚起、金融・財政政策の両方活用=麻生財務相

ロイター 9月16日(金)11時33分配信

[東京 16日 ロイター] - 麻生太郎財務相は16日の閣議後会見で、デフレ脱却に向けた需要喚起策として「金融だけではなく財政でもやらねばならない」と述べ、引き続き政府・日銀の連携を密に取っていく考えを示した。マイナス金利を含めた日銀の金融政策は「物価2%目標の達成にどれだけ役に立つかが最大の問題」と指摘した。

銀行業界からマイナス金利拡大への警戒感が浮上するなか、金融政策の手法については「日銀に委ねられるべきというのが基本的立場」と重ねて表明。「イールドカーブ全体が下がっているのは確か」とする一方、「銀行の収支が悪くなっているというが、努力で良くなっていることもある」とも述べた。

麻生財務相はまた、政府・日銀が3年前に発表した共同声明を挙げながら「日銀との連絡は過去と比べてはるかに良くなっている」と語った。

最終更新:9月16日(金)11時33分

ロイター