ここから本文です

さっそくiPhone 7 Plusを水に沈めたり攻めたりしてみた

アスキー 9月16日(金)22時0分配信

iPhone 7からついに耐水に対応した。そこでさっそく水没させてその実力を試してみた。

 iPhone 7とiPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2が発売された。全体的にiPhone 7 Plusが品薄のようで、とくにブラックとジェットブラックは、当日販売分もなければ、入荷も当分先というのは既報の通りだ。筆者は、iPhone 7 Plus(ローズゴールド)を予約していたので、9月16日の朝8時50分あたりに入手に成功。その後、Apple Watch Series 2の当日販売分確保をしたといった流れだった。
 
 iPhone 7/7 Plusのアップデートを見ると、大きな変更点は待望のIP67対応(耐水)だろう。Androidやフィーチャーフォンと比較するとようやくの対応で、水濡れによる故障は保証対象外など、条件付きながらタフな環境に持ち込めるので、真っ先に試そうと思ったわけだ。
 
 
 そんなわけで、初期設定を終えた直後に水没させて遊んでみたところ。編集部より「ちゃんとした恰好で!」とオーダーがあったので、正装を採用。IP67なので、防塵+水没はOK。ただし、常温で浅いところに30分ほど耐える程度。お風呂は、あまりオススメできない
 
 
 水責めを食らう様子を、iPhone 7 PlusのiSightカメラ見た場合。水中撮影も短時間ながら結構いけそうだ
 
 
文● 林 佑樹 編集●ASCII.jp

最終更新:9月23日(金)16時40分

アスキー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]