ここから本文です

陸上の山本、大一番へわくわく〔パラリンピック〕

時事通信 9月16日(金)8時47分配信

 陸上の義足スプリンター、山本は男子100メートルで7位に終わった。スタートの反応は抜群だったが、その後の加速がうまくいかず、400メートルリレーの銅メダルに続く表彰台は遠かった。「あまり成長できていない。よかったのは予選から決勝でタイムを上げられたことぐらい」と力なく笑った。
 期待されているのは17日の走り幅跳び。頂点を目指す思いは強く、「わくわくする。これまでも注目された試合でいいパフォーマンスを出してきた」。改良を重ねた左の義足で力強く踏み切り、金メダルへの跳躍を見せるか。(時事)

最終更新:9月16日(金)8時50分

時事通信

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。