ここから本文です

アフリカ自動車市場、2025年には2倍の326万台規模に成長…フロスト&サリバン

レスポンス 9月16日(金)18時0分配信

米国の市場調査会社フロスト&サリバンは、アフリカの自動車市場についての見通しを新たにまとめた。

一次産品依存が高いアフリカ経済は、原油や一次産品の価格下落により現状では停滞しているが、アフリカ自動車市場は2025年に向けて成長が期待されている。フロスト&サリバンの最新の分析では、アフリカの新車販売台数(乗用車及び商用車)は2016年の162万台から、2025年までに326万台規模に成長する見通しとなっている。

2015年の国別市場規模では、南アフリカが41万3000台と突出し、以下、エジプト(28万台)、アルジェリア(27万台)、モロッコ(12万台)と続いている。現在、最も大きな市場となっている南アフリカだが、2021年頃まで大きな成長はなく、年成長率1~2%程度にとどまるとみている。これに対し、次点グループの成長は5~10%のペースで伸長する可能性があり、その中でもエジプト、アルジェリアは伸びが大きいとみられる。

フロスト&サリバンは製造業が将来的にアフリカで主要な産業になると見ており、中でも自動車製造及び車両組立が今後最も有望な産業となるとみている。アフリカの製造業は資本や労働力、インフラ面で課題があるが、将来的には政策の改善や民間セクターによる投資の拡大、ビジネス環境の改善が見込まれている。また、ナイジェリアやケニアといった国々は「ローカルコンテント政策(国内産品の調達優遇)」を導入し、中古車の輸入制限や輸入新車への関税を課している。これら政府による現地生産の推奨は、国内の車両組立工場の設置拡大にもつながっている。

自動車メーカーは自動車製造拠点の設置をアフリカに近い地域で進めつつあり、中でもナイジェリアはアフリカでの主要な自動車製造拠点の一つとなっている。ナイジェリアでは、日産やフォード、VWが現地パートナーと現地車両組立工場の稼動を既に開始しているほか、三菱自動車も同国進出計画について言及している。この様な動きの多くは、ナイジェリア政府が導入した、大幅な関税引き上げによる中古車の輸入台数の制限を目的とした「自動車産業開発計画(NAIDP)」が背景にある。

また、南アフリカでは経済停滞に伴う需要減退による輸出市場の拡大を背景に、BMWやトヨタ、VW、フォードが国内自動車セクターに向けた投資を拡大し、稼動や生産能力の増強を図っている。南アフリカからの自動車輸出台数は増加し、自動車メーカーは南アフリカを自動車製造拠点として活用することを進めつつある。主要メーカーによる投資拡大は、南アフリカだけでなく、アフリカ大陸全土における進出拡大も示唆している。

一方で、アフリカの自動車市場は現状では発展途上の段階であることに加えて、国内経済が同産業に直接的な影響を及ぼすという特徴もある。アフリカ経済は原油価格や鉱物資源の価格の変動に大きく左右されるため、経済状況の変動に応じて、自動車市場も大きく影響を受けることになる。エジプトは現状での自動車普及率が1000人あたり43台と成長余地が大きいが、アルジェリアやナイジェリアなどと比較して、税制に関連したコスト高から、現地車両組立工場の減少が続いており、これも国内消費に少なからずマイナスの影響を与える可能性がある。

2016年から2017年にかけて、アフリカの多くの国々における経済成長の鈍化は、自動車市場にもマイナスの影響を及ぼすと予測される。しかし、ナイジェリアやケニアにおけるローカルコンテント政策によって、国内の車両組立事業の拡大が進み、2017年以降には特に高級車やハッチバック及びピックアップトラックのセグメントにおいて、さらに多くの自動車メーカーがアフリカ市場に進出していくことが期待される。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:9月16日(金)18時0分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]