ここから本文です

【東京ゲームショウ16】行列必至、馬かバイクかサーフィンか…乗るVRコントローラー

レスポンス 9/16(金) 18:15配信

台湾ゲームメーカーFuturetownは、“跨ぐコントローラー”の5D TOTALMOTIONシリーズを初公開。同コントローラーは、バイク型、乗馬型、サーフィン型の3種類が選べるアタッチメントタイプ。ヘッドマウントディスプレイと組み合わせて、VR空間内の悪路や雪上を“突っ走る”。

[関連写真]

この新たな5Dトータルモーションは、コントローラーの中枢を司る土台部分と、その上に乗る“モジュール”(=コントローラー)の上下構成。このモジュールには、乗馬、バイク、サーフィンの3タイプがあり、ホワイトアウト(スキー)やインフィニティライダー(オフロードバイク)、ウェーブブレーカー(サーフィン)、スタリオンアドベンチャーズ(乗馬)といったゲームによって使い分ける。

このInfinity Rider:Motorbike VR というゲームは、バイク型のコントローラーにまたがり、大型オフロードバイクで山頂から海岸までを一気に駆け下りるというレース感をVRとともに体感するというもの。バイク型コントローラーは、スロットルやブレーキレバーによる加減速はじめ、ニーグリップでコーナーを駆け抜けるといった臨場感が楽しめる。

砂利道を突っ走るさいに感じる振動もリアル。当たり前だが、これまでのバイクゲームと違い、VRによって向いた方向にその景色が見えるところに、あらためてリアルさを感じた。

同シリーズの国内販売タイミングや価格などについて「未定」とスタッフ。「バイクが未体験の楽しさというなら、乗馬やサーフィンの仕様もぜひ体感してみて。乗馬は手綱の引く難しさ、サーフィンは両足の荷重移動の楽しさが体験できるから」と伝えていた。


《レスポンス 大野雅人》

最終更新:9/16(金) 18:15

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]