ここから本文です

MONKEY MAJIK、映画『009』主題歌起用に「光栄」

サンケイスポーツ 9月16日(金)7時0分配信

 男性4人組バンド、MONKEY MAJIKが、11月25日公開のアニメ映画「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」(柿本広大監督)で、9年ぶりに映画主題歌を務めることが15日、分かった。

 地球を守るために立ち上がる主人公をイメージした力強く疾走感あるダンスロックナンバー「A.I. am Human」(発売未定)で、映画主題歌は2007年公開の「西遊記」以来だ。

 映画は漫画家、石ノ森章太郎氏の人気作「サイボーグ009」の映像化50周年記念作品。4人が石ノ森氏の故郷・宮城県を拠点に活動していることで起用された。

 ドラムのTAX(41)は「石ノ森先生は宮城の誇り。世界中から愛される作品に携われることをとても光栄に思っています」と感激した。

最終更新:9月16日(金)7時0分

サンケイスポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。