ここから本文です

【ローズS】静のシンハ池添に動のジュエラー・ミルコ…真逆の2人にドキドキ!

東スポWeb 9月16日(金)20時6分配信

【ローズS(日曜=18日、阪神芝外1800メートル=3着までに秋華賞優先出走権)稲富菜穂のだいじょばない】どうも、稲富菜穂です。今週から栗東トレセンの調教開始時間が遅くなりました! これまでより1時間もゆっくり寝られるわ、朝のテレビも通販番組しかやっていないわ…心がとっても穏やかです。なにせ、先週までは2時半起き(顔面工事の時間を含めて)でしたからね! 朝からプロレスを見て、ハッスル状態になってたんですよ(テレビ見なければいい話やんってのは禁句だよ)。いやぁ、部屋で叫ばなくていいって最高~(どんだけハッスル状態やってん)。

 さて、今週のローズS。桜と樫の女王がいきなり激突しますね! くぅ~、始まる前から、もうイレ込み気味な稲富。まずはオークスを制したシンハライトの池添騎手を直撃しました。

「桜花賞馬との対決でしょ。マスコミの方によく聞かれるんですが、自分の中ではあまり意識してないですね。もちろん、負けるつもりはないし、しっかりと次へ向かいたい。ファンの方には楽しんで見ていただきたいですね」

 か、かっこいい! シンハライトの競馬ができれば、いい結果が付いてくるってことですね。

 でも、桜花賞馬のジュエラーに騎乗するミルコ・デムーロ騎手はまるで逆。シンハライトとの対決にすごくワクワクしているみたいですよっ。

「すごく楽しみ。ヴィクトワールピサの子供だから、桜花賞は自信あったデ。でも、2着のシンハライトもオークス勝ったデ。すごい、いい馬。怖いけど、楽しみ。いいライバルですネ」

 この2頭の強さは私ですらよく分かってます。馬券だけを考えたら、3着に来そうな馬を探すレースなのかな? 2頭に続く人気になりそうな桜花賞3着馬アットザシーサイドあたり? でもオークスでは11着だったんですよねえ…。距離が長かったのかな?

「競馬では乗りやすいけど、調教だと乗り難しい。そこらへんが短距離馬らしいと思った。あの2頭をどうやって負かすのか。というよりも、この距離で、この馬がどういった走りができるか。それによって目指すべき舞台が明確になると思う」と鞍上の福永騎手。そっかあ、このレースは適性をチェックするレースなのかあ。

 それなら同じくらい人気になりそうなレッドアヴァンセは? 鞍上の武豊騎手は「久しぶりに乗ったけど、非常にいい動き、走りをしていた」と馬の状態は良さそうなのですが、こちらも“だいじょばない”ところがあるようで…。

「阪神がねえ。京都より結果が出ていないし、それほど器用な方ではないので、阪神の1800メートルに向いている感じがあまりしない」

 うーん、こちらも微妙な言い回し。これは配当が低くても、馬単で勝負するしかないっすね。週末までに本命をどちらかに絞らないと~。

☆いなとみ・なほ=1990年12月16日生まれ。関西在住のタレントとして幅広く活躍し、現在はKBS京都の「競馬展望プラス」、ABC「おはよう朝日です」に出演中。彼女が取材した馬が激走することが多いことから、一部のトレセン関係者から「競馬界の女神」と呼ばれている。

最終更新:9月16日(金)20時30分

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ