ここから本文です

バリ島が神聖な祝日ガルンガンとクニンガン迎える

みんなの経済新聞ネットワーク 9月16日(金)15時15分配信

 9月7日、バリ島はガルンガンを迎えた。ガルンガンはウク暦の祝日で日本のお盆のようなもの。町は竹でできた美しい飾り付けのペンジョールに彩られる。(バリ経済新聞)

ガルンガンが終わると、その10日後にはクニンガンという行事が行われる。バリ・ヒンズーの教義によれば、ガルンガンは善行の勝利を祝う日であり、クニンガンは感謝を神に伝える神聖な日だ。

 ガルンガンの日、全てのヒンドゥー教徒は先祖への供え物として動物を犠牲にする。一方、クニンガンの日は、祈りを捧げる時に「ナシ クニン」と呼ばれるターメリック ライスを供える。

 バリ島タナロット地区の観光オペレーションマネージャー、イ クトゥット トヤ アドゥニャナさんは「タナロット寺院ではクニンガンを迎える準備をしている。数万人のヒンズー教徒がここを訪れる。ガルンガンの10日後、クニンガンを迎え3日間儀式が続く」と話す。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月16日(金)16時57分

みんなの経済新聞ネットワーク

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。