ここから本文です

城山観光ホテルが今年も「お月見さつま揚げ」 ウサギが跳ねる「月見天」も /鹿児島

みんなの経済新聞ネットワーク 9月16日(金)15時0分配信

 城山観光ホテル(鹿児島市新照院町、TEL 099-224-2221)は現在、「お月見さつま揚げ」を期間限定で販売している。(鹿児島経済新聞)

今年は「月見天」が新登場

 同商品は昨年初めて発売し、特徴であるウサギ型のさつま揚げなどがネットで話題となり、地元をはじめ全国からの注文が集まった。今年も9月1日の販売開始から注文が多く寄せられ、昨年の注文者からのリピート率も高いという。

 さつま揚げはエソやグチ、スケソウダラのすり身などに地元のサツマイモや旬の野菜などを練り込んでいる。限定セットにはウサギ型のさつま揚げが入っているほか、今年は月に見立てたカボチャ天の中に跳ねるウサギを表現した「月見天」を加えた。細かいディテールに注文者からの評判も高いという。そのほか、満月や団子に見立てた丸いかぼちゃ天、紫芋天、ゆり根天、ゴマをまぶしてススキに見立てたゴボウなど、月見ならではの商品が詰まっている。

 企画・販売を担当している同社の中村大地さんは「職人が手作りしているため、それぞれのウサギの表情が異なり、愛らしい一品となっている。最近はお月見をする家庭も減っているので、この商品をきっかけに古くから日本に伝わるお月見という文化を楽しんでもらえれば」と話す。

 価格は「小箱(10種類・14個入り)」=1,400円、「大箱(14種類・23個入り)」=2,400円、「ギフト箱(16種類・38個入り)」=3,600円。9月20日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月16日(金)16時0分

みんなの経済新聞ネットワーク