ここから本文です

咸鏡北道・洪水被害の現場写真公開=北朝鮮メディア

WoW!Korea 9月16日(金)15時49分配信

北朝鮮媒体が異例の咸鏡北道(ハムギョンブクド)の洪水被害現場を公開し、被害状況を詳細に伝えた。

 北朝鮮宣伝媒体「ネナラ」は16日、ホームページを通じて「一致団結の威力振り切って、全国が咸北道(ハムブクド)北部被害復旧戦闘に総決起、総集中」という題の記事を通じて、洪水被害状況を伝え、写真を通じて現場の姿も報道した。

 公開された写真を見ると、洪水に巻きこまれ、家屋が上部だけ見せたまま泥の山に埋もれている凄惨な姿を確認することができる。また他の写真は洪水で切れた鉄道と橋梁一部が復旧の援助を待っているようすだ。

 また、この記事を通じて「去る8月29日から9月2日、咸北道地区をさらった台風による水害は、解放後初めての大災難だった」として、豆満江(トゥマンガン)流域が観測以来最も多い降水量を記録し、豆満江が氾濫して会寧市(フェリョンシ)、茂山郡(ムサングン)、延社郡(ヨンサグン)、穏城郡(オンソングン)、慶源郡(キョンウォングン)、慶興郡(キョンフングン)と羅鮮市(ラソンシ)の一部地域が過酷な被害をこうむったと伝えた。

 また、「現在までの総合調査資料によると、死者と行方不明者を含む人命被害は数百人に達し、6万8900人余りが閑地に残された」と報道した。

最終更新:9月16日(金)15時49分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。