ここから本文です

「隠れメタボ」、筋肉に血糖取り込む力が低かった

朝日新聞デジタル 9月16日(金)10時50分配信

 太っていないのに血圧や血糖などに異常がある「隠れメタボ」の人は、血液中の糖を筋肉に取り込む力が落ちているとする研究結果を、順天堂大などのチームがまとめた。

 日本人は欧米人と比べ、太っていなくても生活習慣病を発症しやすいとされる。太っていると血中の糖を体の細胞に取り込ませるインスリンというホルモンが効きにくくなるため、チームはこの現象が太っていない人でも起きていないかを調べた。

 研究に参加したのは男性114人。さほど太っていない状態(体格指数=BMI23以上25未満)でも高血圧、高血糖、脂質異常のどれか一つでもある人は、異常がない人と比べ、インスリンの作用で糖を取り込む筋肉の能力が20%ほど低かった。低さの度合いは、太っている「真性メタボ」の人たちとほぼ同等だった。

朝日新聞社

最終更新:9月16日(金)11時12分

朝日新聞デジタル