ここから本文です

佐川急便営業所を家宅捜索=駐禁身代わりで出頭か―警視庁

時事通信 9月16日(金)9時26分配信

 宅配大手「佐川急便」(本社京都市)の男性運転手が勤務中の駐車違反の身代わりで知人を出頭させた疑いがあるとして、警視庁は16日、道交法違反と犯人隠避教唆などの容疑で、同社東京営業所(東京都江東区東雲)などを家宅捜索した。

 
 捜査関係者によると、運転手は5月、営業所のトラックで配送中に東京都中央区内で駐車違反をし、知人の男性を身代わりとして築地署に出頭させた疑いが持たれている。知人は普通免許しか取得していないのに、中型免許が必要なトラックの駐車違反で反則切符を切られたという。

 運転手は任意の事情聴取に対し、身代わり出頭を認めている。運転手は正社員で、駐車違反が人事評価に響くと考えたと話し、知人には謝礼を支払ったという。

 東京営業所には16日午前、警視庁の捜査員約10人が入った。同営業所では他の運転手も身代わり出頭をさせた可能性があり、同庁交通捜査課は捜査を進めている。

 佐川急便の話 警察の捜査には全面的に協力していく。今後は違法行為が無いように指導、教育を徹底していく。 

最終更新:9月16日(金)13時6分

時事通信