ここから本文です

隠岐・知夫村で「皆一おどり」 一宮神社へ奉納 /島根

みんなの経済新聞ネットワーク 9月16日(金)16時0分配信

 隠岐・知夫村の一宮神社(知夫村郡)で9月15日、「皆一(みないち)おどり」が奉納された。(隠岐経済新聞)

太鼓に合わせて歌いながら扇子を持ち舞う「皆一おどり」

 太鼓を囲むように円陣を組み、扇子を持ち、歌いながら踊る「皆一おどり」。一宮神社への奉納は旧暦の8月15日に毎年行われている。強風が吹かないようにと願いを込めた風祈祷(きとう)や、雨乞いの際にも随時奉納されていたという。

 地元の知夫村小中学校から児童・生徒も参加。残暑の日差しが降り注ぐ中、額に汗を流しながら太鼓をたたき、舞を奉納。素朴な舞に地元の人々やツアー客たちも目を細めていた。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月16日(金)16時0分

みんなの経済新聞ネットワーク