ここから本文です

“産業スパイ”変らず活発…違法流出検挙、6年間で570件=韓国

WoW!Korea 9月16日(金)15時53分配信

中国人Aは韓国の有機発光ダイオード(OLED)核心工程技術保有企業に計画的に入社し、退職直前に国策課題開発技術を流出しようとしたところ、摘発された。Aの夫Bも次世代軍事用ディスプレイ技術を中国業者に横流ししようとして摘発された。

 16日、国会産業通商資源委員会チェ・ヨンヘ議員(セヌリ党)が産業通商資源部から提出させた資料によると、ここ6年間、産業技術を流出して検挙された事例が570件に達した。 先端技術を海外に流そうとして摘発されたケースも280件に達したことが分かった。

 産業スパイによる核心技術の海外流出が過去の大企業・IT分野から中小企業・精密機械分野まで拡大したと分析される。その他にも、国家の核心技術を保有する企業が最近海外で買収合併された事例もある。

最終更新:9月16日(金)15時53分

WoW!Korea