ここから本文です

野生のレッサーパンダ救おう 埼玉県こども動物自然公園、あす寄付募集

産経新聞 9月16日(金)7時55分配信

 絶滅の恐れがある野生のレッサーパンダを救おうと、県こども動物自然公園(東松山市)は国際レッサーパンダデーの17日、イベントを行い、保護に取り組む団体への寄付を募る。

 同日はレッドパンダネットワーク(本部・米国)がレッサーパンダを飼育する世界中の動物園に呼びかけ、生態や減少している状況を来園者らに紹介し、理解を深める日としている。

 同園はレッサーパンダ4匹を飼育。17日午前11時40分から飼育担当者がレッサーパンダ舎前で生態などを紹介するほか、午後2時から1時間、レッサーパンダに関するクイズ用紙を1円以上の寄付を募って配布。回答者にはオリジナル缶バッチをプレゼントする。同園は寄付に上乗せして同ネットワークが生息地のネパールで行っている生育環境保全活動に寄贈する。

 担当者は「ネパールでは森林伐採が進み、生息環境が狭まっている。住民とレッサーパンダが共生できる取り組みを進めており、協力したい」と話している。

最終更新:9月16日(金)7時55分

産経新聞