ここから本文です

<Wコラム>“割り勘文化”に馴染みなし、あなたは本当に「韓国」を知っている? 

WoW!Korea 9/20(火) 9:45配信

●割り勘
 日本に来た韓国人が驚くことの一つが「割り勘」ではないでしょうか。会社勤めをすると、特によくわかります。昼食の後、列をなして各自が自分の食べた分を支払う習慣に慣れるまで、かなり時間がかかりました。韓国では誰か一人が全員分を支払い、次の機会に他の人が支払うのが一般的なので、日本の「合理主義」になかなか慣れませんでした。

 韓国では「割り勘」はなじまないので、会計カウンターの前でいつも揉めます。「俺が払う」「いや俺が払う」という光景がよく見られます。参考までに、会社の関係者が飲みに行った場合に誰が払うかというと、上司、年長者、誘った者の順です。

 昨年十一月、ソウルで同窓会がありました。もう皆年配なので、現役は私を含めて四人でしたが、支払いは会費制でなく当然のごとく収入のある者が出します。四人で分担するのではなく誰か一人が全額支払います。四人が前後して、支払おうとカウンターに行ったのですが、既にその場で一番金持ちの社長が支払った後でした。他の人たちは当然のように受け入れ、特に感謝の言葉はありません。韓国では、これがごく普通のことです。


●もっと韓国を知るためのことば
 ウリガ ナミガ! 我々は仲間だろう! 
 慶尚道で流行った仲間意識を強調した言葉で直訳すると、「我々は他人じゃないだろう」。親しみを込めて肩に手を回されて言われたら「うん、そうそう」とついうなずいてしまいますよね。


文=権 鎔大(ゴン ヨンデ)
出典=『あなたは本当に「韓国」を知っている? 』(著者/権鎔大 発行/駿河台出版社)

最終更新:9/20(火) 9:45

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]