ここから本文です

シンプルだけど奥が深い 4人分の視点が同時に流れ込む「視点交錯鬼ごっこ」を体験してみた

ねとらぼ 9/16(金) 13:12配信

 山口情報芸術センターとソニーコンピュータサイエンス研究所の研究員が共同で研究開発する「Parallel eyes」を使用したゲーム「視点交錯鬼ごっこ」を東京ゲームショウで体験してみました。

【鬼をガン見する人】

 視点交錯鬼ごっこは4人一組となって行われるもので、ルールは普通の鬼ごっことほぼ同じ。ヘッドマウントディスプレイを着けると目の前には4分割の画面が現れ、自分の視点と同時に他の3人の視点も表示されます。

 ジャンケンで鬼を決めてから、幾つかの仕切りが設けられただけの非常にシンプルなステージでゲームスタート、鬼は剣を持ちながら他の3人を追いかけます。追われる側は「自分を追う鬼の視点を自分が見る」、追う鬼は「逃げる人の視点を確認しながら追いかける」という形になっていて、なかなかの新感覚。

 実際やってみると、視界の情報だけで相手の場所を推測するのはなかなか難しく、また自分の視界確認もおろそかになってしまいがちなため、思った以上に苦戦することに。筆者が鬼になった際も、障害物越しにのぞかれるなど、いろいろおちょくられました……。

 「相手の視界が見えるなら簡単に捕まえられるのでは」と思いましたが、“あえて床や壁を見ながら移動し相手を混乱させる”などの戦略もあり、通常の鬼ごっことは違った複雑な鬼ごっことなっていました。

最終更新:9/16(金) 13:12

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。