ここから本文です

大手レコード会社、英国でストリーミングサービス提供へ

ロイター 9月16日(金)12時43分配信

[14日 ロイター] - 大手レコード会社が英国で、低価格の音楽ストリーミング・サービスを開始することが明らかになった。これまでは、レコード会社が直接こうしたサービスを展開することは稀で、音楽業界がついに柔軟な価格設定に動き出す兆候とも受け取れる。

関係者の話によると、ユニバーサル・ミュージック・グループとソニー・ミュージックエンタテインメントの合弁会社である「Now That's What I Call Music」が、ストリーミングアプリ「NOW Music+」を通じて、1カ月につき4.99ポンド(約670円)でヒット曲のプレイリストを提供する。

アプリは今のところ英国限定だが、将来的には変更される可能性があるという。

最終更新:9月16日(金)17時8分

ロイター