ここから本文です

【ホンダ フリード 新型】開発責任者「一番こだわったのが動的性能」

レスポンス 9/16(金) 19:30配信

ホンダは9月16日、コンパクトミニバン『フリード』を全面改良し、発売した。開発責任者を務める本田技術研究所の田辺正主任研究員は「一番こだわったのが動的性能」と言い切る。

[関連写真]

田辺氏は「それがわかるのが、リアの足回り」とした上で、「クラスのクルマではほとんどつけてないコンプライアンスブッシュをフリードは先代も採用しているが、先代のものは小さく必要最低限のものだった。新型ではこれを大型化することで、リアのトーションビームの足を狙った通りに動かせることができるようにした」と明かす。

「リアを固めることによって直進安定性が増す。ハンドル切った時にまずフロントタイヤが切れる、その後リアがどうやってついてくるかというのが、トータルでの応答性。大型のコンプライアンスブッシュがあることによって、ねじれ、よれが少なくなるので、回頭性が上がる。それは女性が運転しても実感できる」と田辺氏は強調する。

さらに「この剛性を上げることで、ロードノイズにも寄与している。それからもっと驚いたのが高速からのフルブレーキ。0.8Gくらい。一般の人はそんなブレーキ踏まないですけど、それで踏んだ時にどこまで車線がずれるかテストしたら、ほとんどずれなかった。そのくらい制動時の安定性、安心感がもたらされている」とも。

また「うねった道を走ってみると先代は常にステアリングを修正していないとまっすぐ走らない感じがしたが、同じ道を新型で走ると、極端な言い方をするとちょっとハンドルに手を添えているくらいでも、車自体がまっすぐ走る力が強い。とても楽に運転できる。それは高速度道路で惰行しない。疲れが少ないという効果も提供できている」と自信を示した。

《レスポンス 小松哲也》

最終更新:9/16(金) 19:30

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。