ここから本文です

警視総監に沖田警備局長=高橋氏が退任

時事通信 9月16日(金)9時57分配信

 警視庁の高橋清孝警視総監(59)が勇退し、後任の第93代警視総監に警察庁の沖田芳樹警備局長(59)を起用する人事が、16日の閣議で了承された。

 発令は20日付。

 沖田氏は警視庁警備1課長や愛知県警本部長などを歴任し、昨年8月に警備局長に就任した。イスラム過激派による国際テロ情勢が厳しさを増す中で開催された主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)やオバマ米大統領の広島訪問の警戒警備を指揮したほか、熊本地震への対応にも当たった。

 高橋氏は警備局長から警視総監に就任し、サミット開催に伴う首都・東京の警備を陣頭指揮。官民連携を推し進め、テロ対策に尽力した。 

最終更新:9月16日(金)10時0分

時事通信

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。