ここから本文です

千葉の施設外壁からコンクリート片落下 けが人なし

産経新聞 9月16日(金)7時55分配信

 千葉市は15日、真砂コミュニティセンター(美浜区)で外壁の一部がはがれ、重さ約1キロのコンクリート片が1階の障害者福祉サービス施設「でい・まさご弐番館」のプラスチック製ドーム型天窓を突き抜け、配膳・下げ膳室へ落下したと発表した。けが人はなかった。

 市によると、建物は昭和47年に旧真砂第一小学校として建てられ、今年4月から現在の用途で使われていた。先月も別の場所でコンクリート片が落下したという。市はさらに落下の恐れがある一部区域を立ち入り禁止にするなどしながら施設の使用を継続し、修繕を検討するとしている。

最終更新:9月16日(金)7時55分

産経新聞