ここから本文です

三田寛子「私にも至らない点が…」夫・橋之助の不倫報道に応える

デイリースポーツ 9/16(金) 13:22配信

 タレントの三田寛子(50)が16日、都内で報道陣の取材に応じ、夫で歌舞伎俳優の中村橋之助(51)の不倫報道について改めて妻として謝罪した。

【写真】「不徳の致すところ」 橋之助、芸妓との不倫報道否定せず

 約50人の報道陣が待ち構える中、都内の稽古場に現れた三田は白いジャケットにスカート姿。雨が降っていたが傘をさし、玄関前で報道陣に対応した。「この度は多大なるご心配ご迷惑お掛けして本当に申し訳ありませんでした」と深々と一礼。三田の体調を気遣う質問には「私は大丈夫です」と笑顔を見せ、「私にも至らない点があったので、今一度振り返ってよく考える時間を神様に頂いたと思って、夫婦で反省し真摯に受け止めて進んで参りたい」とコメント。

 また橋之助とはどんな会話を?と聞かれ「もちろん言葉少なに反省している様子でございます。記事が出る前に2人できちんと話をしました。何の言い訳もないと思います。これからが彼の男として、人としての見せ所だと思います」と夫へ“叱咤激励”の言葉も贈った。

 週刊文春に「芸の肥やしはない」と話したことについても「いろんなことわざがあります。週刊文春さんにも脱線しながらいろんな話をさせて頂きました。ですからあの記事に出ている私の言葉がすべてだと思います」とコメントし、離婚についても「ありません」と笑顔で断言していた。

 橋之助は15日に発売された週刊文春で30代女性との不倫を報じられ、発売前日の14日に緊急会見を開き「不徳の致すところ」を連発し、謝罪していた。

最終更新:9/16(金) 17:30

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]