ここから本文です

<働き方会議>生稲晃子さんらメンバーに

毎日新聞 9月16日(金)12時25分配信

 加藤勝信・働き方改革担当相は16日、閣議後記者会見で、長時間労働の見直しなどに取り組む政府の「働き方改革実現会議」のメンバーを発表した。有識者として、1980年代のアイドルグループ「おニャン子クラブ」の元メンバーで、乳がん治療をしながら女優を続ける生稲晃子さんや、パート労働者の活用や同一労働同一賃金に前向きな企業の担当者などが加わり、関係閣僚と合わせて計24人で構成する。

 安倍晋三首相が議長を務める。加藤担当相は人選について「労使の代表や、そうした部門に詳しい有識者、現場感覚を持った方々に入っていただいて、議論を深めて答えを出していきたい」と狙いを語った。【野田武】

 有識者議員は以下の通り。

 女優、生稲晃子さん▽岩村正彦・東京大教授▽大村功作・全国中小企業団体中央会会長▽岡崎瑞穂・オーザック専務▽金丸恭文・フューチャー社長▽神津里季生・連合会長▽榊原定征・経団連会長▽少子化ジャーナリスト、白河桃子さん▽新屋和代・りそなホールディングス人材サービス部長▽高橋進・日本総研理事長▽武田洋子・三菱総研チーフエコノミスト▽田中弘樹・イトーヨーカ堂人事室総括マネジャー▽樋口美雄・慶応大教授▽水町勇一郎・東京大教授▽三村明夫・日本商工会議所会頭

最終更新:9月16日(金)20時9分

毎日新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。