ここから本文です

三田寛子、雨中の会見に「雨降って地固まる…」

デイリースポーツ 9月16日(金)13時41分配信

 タレントの三田寛子(50)が16日、都内で報道陣の取材に応じ、夫で歌舞伎俳優の中村橋之助(51)の不倫報道について改めて妻として謝罪した。

【写真】「不徳の致すところ」 恐縮した表情で頭を下げる橋之助

 三田は「多大なるご迷惑をおかけしました」と深々と頭を下げ陳謝。報道陣から「きつくおしかりが?」と質問されると「お恥ずかしい限りで…」と苦笑いで口火を切り「主人もああいった会見が初めてでお話も十分な形でできなかったと反省しております」とコメント。

 また、雨の中の会見となったことに、義父である7代目中村芝翫が雨男だったことを挙げ「主人のお練りも台風のような雨、今日も急に雨となり、これは父が気を引き締めて頑張れ、ということと、敦子(三田の本名)を守ってあげないと、会見でドキドキだろうからと守ってくれた雨だと」と、天国の義父に感謝を述べた。

 「世間では雨降って地固まるという言葉もございます。私もそういう風に頑張っていきたい」と笑顔で応えていた。

最終更新:9月16日(金)17時30分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。