ここから本文です

神奈川県警本部長が講演「ビジネス犯罪の対策が大切」

産経新聞 9月16日(金)7時55分配信

 県警の島根悟本部長が15日、横浜市西区のホテル横浜キャメロットジャパンで開かれた国際ボランティア団体「横浜キワニスクラブ」(粟飯原吉伸会長)の例会に出席し、「神奈川県内の治安情勢」と題して講演した。

 島根本部長は「企業などの協力や防犯カメラ設置の効果も加わり、戦後最悪だった平成14年と比べると、昨年は3分の1程度に県内の犯罪件数が減っている」とし、かつて多かった泥棒や少年犯罪も減少傾向にあることなどを説明。「カネになるからビジネスとして犯罪を行おうとする(者への)対策が大切になってくる」と指摘した。

 「どんな軽微な犯罪であっても被害に遭うことは大変なことで、しっかりと目を配って対応をしてきたい」と述べると、会場からは大きな拍手が送られた。

最終更新:9月16日(金)19時58分

産経新聞