ここから本文です

比大統領、ダバオ市長時代に殺人指示=「処刑団」メンバーが証言

ロイター 9月16日(金)14時11分配信

[マニラ 15日 ロイター] - フィリピンのダバオ市で「処刑団」の一員として働いていたという男性(57)が15日、上院で証言し、ドゥテルテ大統領が同市の市長だった時期に暗殺命令を出していたと語った。人権活動家などは、同市で麻薬密売人など数百人が非合法に処刑されたとみている。

ドゥテルテ大統領はこの証言についてコメントしていないが、大統領の支持者らは証言が虚偽だと主張している。

エドガー・マトバトと名乗るこの男性は、ドゥテルテ氏の麻薬犯罪取り締まりについて審議する上院の公聴会で、1990年代初め、ダバオ市長だったドゥテルテ氏が超法規的な殺人を指示したと聞いたと述べた。

男性はテレビ放映された公聴会で「われわれの仕事は、麻薬密売人やレイプ犯、誘拐犯などの犯罪者を殺すことだった」としたうえで、自身も50人以上を殺害したと明らかにした。「彼らはニワトリのように殺された」とも述べた。

人権団体は90年代初め以降にダバオで起きた1400件前後の殺人事件について調査している。

ドゥテルテ氏が6月末に大統領に就任してから推進している麻薬犯罪の取り締まりも同様の手法をとっていると批判する声もある。

警察当局によると、過去10週間に3500人以上が殺害され、このうち約58%について犯人が分かっていない。残りは警察の合法的な任務によるものだという。

男性はこのほか、90年代初めにドゥテルテ氏が、キリスト教の大聖堂に対する襲撃の報復としてダバオにあるモスクの爆破を命じたと聞いた、とも証言。「ドゥテルテ氏はわれわれに、イスラム教徒を殺すよう命令した」と述べた。

*デートラインを修正しました。

最終更新:9月16日(金)14時37分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。